口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

新築一戸建ての維持費はどれくらいかかる?

    

夢のマイホームを建てた場合、維持するためにどれくらいの費用が必要なのか詳しく知りたいという人もいるのではないでしょうか。

新築一戸建てを建てた場合、ローンが掛るだけでなくその他にも費用が掛ってくるでしょう。

ではどの様な費用が掛ってくるのかその中身を詳しく紹介するので、ぜひ今後に役立てましょう。

 

 

固定資産税が掛ることを覚えておこう

新築一戸建てを現在計画している人、いつか建てたいと考えている人などたくさんいるのではないでしょうか。

そんな夢のマイホームですが建てれば終わりという訳ではありません。

住宅ローンを組めば毎月支払いがありますが、その他にも家を維持するためにいくつか掛ってくる費用があるでしょう。

まず所有している個定資産に対して掛ってくる個定資産税があります。

この固定資産税は家も例外ではありません。

1月1日時点で所有しているものに対して掛ってくる税金であり、固定資産評価額×1.4%で計算されます。

この固定資産税は所有している建物や土地などに対して、所有者に毎年納税する義務があるものになっています。

また、標準税率は市町村役場によっても異なるでしょう。

この税金に掛るお金はついつい見落としてしまいがちな部分ですが、家を建てる予定がある人はしっかり予算の内に入れておかないと住んでからが大変になってしまうので注意しましょう。

 

修繕するためのお金もきちんと準備

固定資産税など税金が掛る他にも修繕費も掛ってきます。

いくら新築で建てたとしても長く住んでいれば色々な箇所に痛みが出てきたり修繕しなければいけない箇所が出てきてしまうでしょう。

やはりこまめに修繕をしないと後から大きなお金を出して大掛かりな修繕をしなければいけなくなってしまうので注意が必要です。

屋根や壁なども老朽化してしまえば雨漏りがしてしまったり住みにくさを感じてしまいます。

その他にも浴室やキッチンなど使っていれば故障してしまったり、使えない状態になってしまう場合もあるので、修繕費についても予算の中に入れておくことをおすすめします。

きちんと修繕費としてお金を用意しておかないと急に修繕しなければいけなくなってしまった箇所が出た場合に慌ててしまうのではないでしょうか。

100万円程度は修繕費として別に貯金しておくなど、万が一に備えておくことも大切です。

 

万が一に備えるためにも保険に加入しよう

家を維持することは簡単なことではありませんが、やはり新築一戸建てに憧れる人が多くいます。

また、その他にも安心して暮らすためにも保険などにもきちんと加入しなくてはいけません。

火災保険や地震保険など災害に備えた保険に加入することも大切です。

最近の家は災害に強い家も多くなっていますが、いつ何があるか分かりません。

その万が一にしっかり備えておくことで、快適な暮らしを得ることが出来るので、我が家は大丈夫だろうと考えず、家族のためにもしっかり加入をしましょう。

もちろん保険も安いものではありません。

長年加入をすればその分高くなってしまいますが、もし加入をしていなければ万が一の事態が起きてしまった際、全て自腹での出費になってしまいます。

その分お金を用意することが出来れば良いですが、高額な費用が掛ってしまう場合もあるので注意が必要です。

それなら月々いくらか支払う形で万が一を補償してもらえるのであれば安心です。

ぜひ、家を建てる予定がある人は保険に関してもきちんと頭の中に入れ、どこに加入するかもしっかりと考えておきましょう。

 

新築一戸建てを建てる場合、購入費だけでなく住んでからも色々な費用が掛ってきます。

固定資産税などの税金だけでなく、定期的な修繕費であったり毎月掛ってくる保険料などもあります。

家を建てる際はこれらの維持費についてもしっかり考えましょう。